意外と知らない!?相続税の申告を税理士に依頼する3つの理由
2016年5月9日 admin

相続税の大きな軽減を図る

相続税の申告が簡単であっても、税理士へ依頼する人は多いです。自身が相続税の申告を行わなければならない時に備え、何故依頼が必要なのか知っておくと良いでしょう。まずなんといっても相続税の軽減を図るためです。相続税の優遇措置は利用できるかどうかの判断が非常に難しいものがあり、自身で勝手に判断してしまうと後々の税務調査で否認されることがあります。経験や知識の豊富な税理士に依頼することで、そのような事態を避けることができます。

相続税の申告の手間を省く

相続税の申告書はかなり細かく記載する必要があり、添付しなければならない書面も数多く存在します。特に優遇措置を受けるためには申告期限内に書面を添付して申告しなければならないことがあります。またどういった書類を何部用意すればよいのかわからないこともありますが、税理士に依頼しておくことで、どのような書類を用意すればよいのかしっかり教えてくれます。また自身が取りにいけない場合などは委任状を渡しておくことで、税理士が代理で書面を取りに行ってくれることもあり、手間を省くことが可能です。

今後の節税対策について相談できる

相続税の申告が終わり、多額の財産が残る場合があります。しかしこれらの財産は自身が亡くなった場合に相続人にまた重い納税義務を課せてしまうことがありますが、税理士によっては資産運用などを手がけていることがあり、2次相続を見据えた資産運用や節税対策を依頼できる場合があります。このように税理士に依頼することで得られるメリットは非常に大きなものがあります。依頼した際の顧問料なども勘案し、依頼するかどうかの判断を行うことをお勧めします。

相続の申告を税理士を依頼したいなら、あらかじめ事務所の評判を確かめましょう。実際に利用した方々の口コミを聞くのはとても良い方法です。

About The Author