アニメ声優を目指す専門学校とは
2016年6月26日 admin

専門学校の授業内容について

アニメと声優が大好きな方で、将来声優を目指す方におすすめしたいのが、声優を育成する専門学校です。

まず気になるのは、その授業内容ですが、専門学校では基礎的なボイストレーニングの授業からそのカリキュラムが始まります。

中には独自の教本を作成し、在学中毎日のように行う学校もあります。

もちろん、映像を使ってのアテレコ授業もあります。

この場合、アニメ素材を用いることがほとんどですが、洋画の吹き替えを通じて表現の幅を広げていくこともあります。

その他には、演技基礎やボーカルトレーニングなどもカリキュラムに取り入れられています。

これは現在の声優の仕事の考えた時、必要とされるお芝居や歌に対応するためです。

専門学校で作成するボイスサンプルについて

各種オーディション対策として必須とされるのがボイスサンプルです。

アニメ声優を目指す専門学校では、在学中に数回ボイスサンプルを作ります。

基本的な内容は、自己紹介(自己アピール)、キャラクターボイス(2種類から3種類程度)、ナレーション、フリートークなどです。

キャラクターボイスの台本やナレーションの原稿は学校で指定されることも多いのですが、自己紹介とフリートークについては、その内容も自分で考えることになります。

録音は専任講師の指導のもと、校内のスタジオで行われます。

専門学校で行われるオーデションについて

在学中には2種類のオーデションがあります。

ひとつめは声優事務所の所属声優募集オーデションです。

この場合、事務所のマネージャーや新人発掘責任者が実際に学校に来て実施されます。

時期は不定期ですが、年に数回は行われ、複数の事務所合同でのオーディションが開催されることもあります。

もうひとつは、制作が決まっているアニメ映画やドラマのキャスティングオーデションです。

こちらも実際に監督やプロデューサーが来校して行われることがほとんどです。

このオーデションに受かって、在学デビューした声優も沢山います。

声優の専門学校では、発声などの体力作りから、台本の読解や表現方法を学びます。また、声優の仕事現場を想定し、アフレコの実技も行います。多くの学校では、卒業時に声優事務所のオーディションが開催されます。

About The Author