難関の司法書士試験を攻略するために必要なこと
2016年12月23日 admin

司法書士試験は人気の高い試験

司法書士試験は、多くの法律ビジネス系の資格の中で注目を浴びている資格試験です。人気の理由は、対象年齢などの制限もなく資格を取得できれば独立開業が容易な点にあります。そのため、難関の資格であるにも関わらず、毎年多くの人がこの資格に挑戦しています。この資格は法律系の資格の中でも、特に試験科目の数が多いことが特徴です。司法書士試験は、5月の願書提出と7月の筆記試験を経て、10月に行われる口述試験までの長丁場となります。

試験合格にはここが重要

司法書士試験は、毎年1回行われています。司法書士試験は、大きく分けて筆記試験と口述試験があります。特に大切なのは、膨大な出題範囲からの論述が必要な筆記試験です。筆記試験は科目の数が多い上に、それぞれの科目の論述も高いレベルまで求められます。そのため、受験生は時間をかけて筆記試験の対策をすることになります。筆記試験の後に口述試験にも合格しなければいけませんが、司法書士試験の最終合格の鍵を握るのは何といっても筆記試験です。

試験の対策はどのようにするべきか

では、この難関の試験に対して、どのような対策が良いのでしょうか。数ある法律関連の国家資格の中でも、司法書士試験は科目の数が多い試験です。数年内での合格を目指すのであれば、受験生は各法律科目を短期間に効率よく学習していくことが必要です。論述試験を突破するために、まず基本書やテキストで各科目のポイントを押さえることが大切てす。基本書などでの基礎的な学習の後に、時間をかけてキーワードや重要な論点について論述ができるようにします。

司法書士の試験は、民法や刑法、会社法などから出題される筆記試験と、筆記試験合格者に行われる口述試験の2つの試験で構成されます。

About The Author