美容師になるために通う美容専門学校とは?
2016年12月26日 admin

美容師になる一番の近道は美容専門学校への通学!

髪の毛を自在にカット、アレンジして美しい髪形を作り上げる美容師。そんなクリエイティブな職業である美容師になるためには、美容師免許という免許を取得しなければなりません。美容師免許は国家資格として認められている免許で、これがなければどれだけ技術を学んでも美容師として活動することはできないのです。それでは、この免許を取得するには、どういった方法があるのでしょうか。美容師免許を取得する方法とは、認定されている美容専門学校に通い、美容師としての知識や経験を学び、国家資格を受験するという方法です。美容師になるには、美容専門学校に通うのが一番確実な近道なのです。

美容専門学校は3種類の課程が存在する!

一口に美容専門学校と行っても、高校や大学のように一日中学校に通うタイプの専門学校だけではありません。もちろん、朝から夕方まで普通の学校のように通う課程も存在します。これは、昼間課程と呼ばれ、2年間学校に通い美容師の勉強や実践を行い美容免許取得を目指す課程です。長時間かけてしっかりと美容師の勉強をすることができる上に、実践経験も多く積むことができるため、一番確実に国家資格を合格できる課程です。次に、仕事をしている人などにおすすめの課程が夜間課程です。これは、夕方や夜から始まる授業を2年から2年半ていど受けることで資格受験、卒業ができる課程です。授業の時間が短いので、最先端の流行などを学ぶ授業の数は減ってしまいますが、国家資格に必要な知識や美容師としての技術は問題なく得ることができます。最後に、通信課程と呼ばれるコースがあります。これが、基本的には自宅で学習し、レポートを提出したり面接を行って卒業を目指す課程です。この課程では、卒業までには約3年かかります。また、実践の数が少なかったり、自分で勉強のスケジュールを立てなくてはいけないため合格率は他の2課程に比べ低くなる傾向にあります。

美容専門学校を卒業するまでにかかる学費って?

美容専門学校に通うには、一定の学費が必要です。様々な美容専門学校や学科があるため、一概にいくらとは言えませんが、平均的にこのくらいかかるという目安は存在します。学費が途中で足りなくなって夢をあきらめることにならないよう、いくらあれば安心なのか確認しておきましょう。まず、一番高い学費は昼間課程の学費です。昼間課程は、約2年で200万程度の学費が必要となります。次に、夜間課程では、2年から2年半の卒業までに約150万円の学費が必要です。一見、高額に感じるこれらの学費ですが、授業で行う実践で使用する材料やウィッグなどの費用も含まれているので、価格が高くなってしまうのです。通信課程では、それらの材料費や講師の人件費が削減されるので、約70万程度と群を抜いて低い学費で美容専門学校を卒業することができます。

美容の専門学校の通学方法を把握するために、各地で開催されているオープンキャンパスに出向くことがおすすめできます。

About The Author